2006年1月13日製作



パート14が2005年末に発売されました。
四国の振子式特急車2000系、103系1000番代、
EF58、EF61、10系寝台車のセットとなっています。

2000系一般車です。
非貫通先頭車のグリーン室付2000形
貫通先頭車の2100形
中間車の2200形です。
2000系、後期製造のタイプで、
130キロ運転対応車です。
左は2400形、奥は中間車の2500形、
右は在来タイプの前面で
N2000形として登場した2424号車。
「うずしお」系統で主に使用されています。
地下鉄千代田線乗り入れ用の
103系1000番代。
8M2Tの強力10両編成で製作。

先頭車は新金型で、
裏に「105」の刻印があります。
千代田線直通解除時に
105系に改造された車両が
多数いるので、そのうち・・・。
千代田線直通から
快速線に転用された姿。
のちにAU75かAU712で冷改されました。
転用直後、8M2T、
AU75(実車はEタイプですが)で
冷改された姿を再現。

冷房屋根は付属しないので、
ATC車から転用しました。
当初の予定ではAU712付き屋根が
付属するアナウンスがあり、
説明書にも記載されていますが、
付属せず残念。

(説明書を見るとM車に
インバーターユニットがあり、
M'、Tc車には無く、
おかしくなるのでやめたのでは?)
東西線乗り入れ用に
転用された1000番代。
1本だけの存在でした。

これもAU75の屋根を多数流用して製作。
EF58青です。
前面は2種付属します。
側面は「A1」
前面は「B」と「C」が付属します。
ひさし付きの「B」タイプです。
同じく前面違い
Hゴム仕様の「C」タイプです。
パート8のこのタイプと同じですが、
屋根に黒色塗装が追加されています。
EF58茶です。
側面は「A2」
パート8のこのタイプとは前面が違い、
「D」と「E」が付属します。
こちらは「D」前面。

また初めてEF58の標準タイプのパンタ
「PS14」
が付属するようになりました。
同じく前面違いでこちらは「E」前面。
初登場のEF61です。
青塗装で1灯タイプ。
同じくこちらは2灯タイプ。
茶色塗装。
こちらは1灯のみ。

機関車にはまだナンバーを
付けていません。
オロネ10青塗装です。
左からオロネ10、
オロネフ10、
オロネ10緑帯付です。
オロネ10茶塗装です。
左から緑帯、青帯。
10系B寝台車です。冷改後の青塗装。
左オハネ12×2
右オハネフ13、オハネフ12です。

車体は共通で、
屋根と妻板の組み合わせで形式分けを
しています。
同じく非冷房時代の茶色塗装。
左ナハネフ10、ナハネ10、
右ナハネフ11、ナハネ11です。
シークレットは「パレット貨車」の
スニ40(スユ44)でした。

説明書はワキ5000、8000、
10000、50000と共通でした。

新しいフレームが使われ、
電車と機関車の
折衷タイプ!?になっています。

所有車両(BトレINDEX)へ