2009年4月7日製作

横川SAに設置されたキハ57型

上信越道、上り線横川SAがリニューアルされ、
その一環としてキハ57形をモデルにした
休憩施設が設置されました。

3月22日
「快速さよならリバイバル信州」
に乗った帰り、
「峠の釜めし」を
買う為立ち寄った
上信越道の横川SA。

リニューアル中で、
壁の隙間から
見えたのがこの部分。

運転台部分は本物、
車体部分は部品流用で
作られているように見えました。
店内の壁に貼られていた
予告。
4月4日に再び上信越道で
帰る事になったので、立ち寄り。
土曜日で人の出入りが激しく、
もう少し引いて撮りたかったのですが、
これが限界でした。

客室窓の前2つは開いた位置で
固定されています。
運転台部分は本物。
どこの車両かと
メーターなどに貼られている
検査標記など探しましたが、
全くありませんでした。
ただEBとTEのスイッチらしい物が
見うけられます。
運転台後ろの配電盤類。
運転台部分は入れない様に
アクリル板で仕切られているので、
反射してしまってます。
「ワンマン」スイッチがあるので、
東日本の車両では無い事が確定。
客室部分です。
反対は売店側。
飲食している方がいたので
こちら側のみ撮影。
ボックスが4席、
手前の2人用が2席なので、
20人分の席があります。
ボックス席にも画像手前と同様の
テーブルが設置されています。
横サボです。
客室部分から運転台方向を撮影。
デッキは省略されています。
運転台部分はそのままなので、
屋根に雨樋が残っていますが、
客室部分は
新たに製作されているので、
雨樋がありません。
車番。
車体の裾折れは直線的です。
天井の扇風機と
ダミーと思われるAU13クーラーの
吹き出し口。
扇風機の手前に通常のクーラーが
設置されています。

壁には歴代の釜めしの掛け紙が
飾られています。

碓氷峠現役使用時、キハ57は
非冷房車でした。
椅子の裏側に説明板がありました。
「最近まで九州で使用」とあります
(624番だそうです)

うまく撮影できず、
フラッシュを使用してやっと撮影。
光っている所は
〜発売した昭和30年代は〜
〜アプト式という線路の〜
です。
今年は善光寺の御開帳が
行われています。
釜めしの掛け紙も特別仕様。

キハ57も昔、善光寺御開帳に合わせ
運転開始された形式です。

INDEXに戻る