旧写真館にようこそ!

最終日(9月1日)の中央・総武緩行線習志野運輸区の103系低運車。三鷹にて(318編成クハ103−217他)
この後解体の為(T_T)先頭車の2両は9月26日に両毛線の桐生へ回送されました。


最後の原型前照灯車クハ103−562廃車回送!10月26日

103系最後の原型ライト車(1灯)、京葉運輸区クハ103−562を含む4両が10月26日、
廃車回送されるというので、行ってきました。
この編成は、京葉線に201系が配属されて余剰となり、習志野運輸区に疎開留置されていました。
津田沼5:09ー回9512Mー5:57新宿6:10ー回9547Mー7:13大宮のスジで回送される予定でしたので
急行アルプス(^^;)で新宿に行き、撮影する事にしました。

新宿の5番線の東京方でビデオを構え待っていると、クモヤに挟まれた編成が入ってきました。
ホーム間近になってライトを明るくし、いやな運転士と思いながらクモヤが横を過ぎ、お目当ての
原型ライトが見えた時、エアーが抜け、非常ブレーキが作動しました。
かなりホームの内側から撮影していたので、私が近づき過ぎで非常ブレーキを扱った訳ではないと
確信出来たので、後ろを振り返って誰か近づきすぎたのか?と見ましたが、誰もいませんでした。
また他の鉄な方は4番線の池袋方に集まっていたので、この停車位置もなんかおかしく、
写真を撮らせない様に手前に止まったのか?とも思ったりしました。

そうこうしているうちに駅の放送で
「5番線は誘導で所定位置に移動」と言っているので、おかしい事が解りましたが、
目の前で止まってくれたので他の方が来るまで、じっくり撮影が出来てしまいました。
ただ、肝心の車号標記を隠すように紙がセロハンテープでついていました。
他の三両にはその様な物は無く、意味が解りません。
なかなか動かないので4番線側に移動する事にしました。
跨線橋の上からのぞくと丁度下がライト部分でこれも撮影しました。

反対側に回ると一旦パンタグラフを下げ、再度上昇させていました。
その為、一旦車内灯が消え、再度点灯し、「息を吹く瞬間?」も見ることが出来ました。
その後所定位置まで移動しましたが、すぐ発車時間になりました。
「これで見納めだなぁ」と思いつつ発車を見送っていると、再度非常ブレーキがかかり
先頭のクモヤがホームを出たあたりで止まってしまいました。
その直後、構内電話から「○○さーん!また止まっちゃたよー」と聞こえてきました。
なかなか動かないので近づき、標記などを撮影しました。
他の3両は8年11月の全検でしたが、お目当てのクハは11年1月の全検で、
まだ1年は検査期限があることが解りました。しかも今日気づいたのですが、
更新車であることも解り、廃車はまだ早いのでは?と感じました。
(未更新の鶴見線のクハより先に廃車になるとは・・・)

この後、直れば走行シーンを撮りたいと目白で待っていたのですが、
30分待っても来ないので新宿に戻ると位置を戻して止まっていました。
多分この編成をラッシュ中に回送するのはまた止まると大変なので暫く動かないと考え帰りました。


169系代走最終列車

12月1日、115系リニューアルに伴い、代走として使われた169系の最終列車を長野で撮影しました。
JR東日本の定期普通列車で最後の165系列を使用した列車でした。

目次に戻る>

トップに戻る>