10月2日作成

北海道旅行記

去る2000年9月10日〜16日まで北海道旅行に行って来ました。
一度行くと発病するといわれる北海道病の症状?が出てきたためで、
境13氏とガンダーラ氏の3人で(ガンダーラ氏は途中合流)行って来ました。
目的は廃線巡りと言った所です(笑)。
行き帰りは寝台で、それ以外は駅レンを5日使用しました。
どこに行こうと決めずに日程だけを組んだので、
行く場所も初日の糠平泊まりのみ決め
後は道北の思いつく所を巡ることにしました。

                 カシオペア専用機         乗車した11号車LEDサボ
                  EF81 79号機            スロネE27−201

9月10日
旅の始まりは上野駅から?何とも贅沢にカシオペアで。
是非カシオペアで行こうと話し旅行を運転日の10日発としました。
売り出し日にびゅうプラザに頼んだのですが、満員で、キャンセル待ちで取りました。
パックツアー用のが解除になり、取れたのではないかとの事。
当日、13番線横に出来た「カシオペアラウンジ」の案内板にはまだ3室あるとの事でした。
入線を撮影し弁当などを買っていたら時間になり、あわただしい出発となりました。

部屋はカシオペアツインで、大半の個室がこのタイプです。
11号車12番で、車両中程の下段でした。
入ったイメージとしては「少し狭いな」と言う感じで、
ベットもレール方向と枕木方向がL字型に配置されているなど、苦心がうかがえました。
「多分クローゼットだよねー」と言いつつ開けた所がトイレと洗面所でびっくりしました。
いくら知り合い同士が過ごすとはいえ、ちょっと面くらいました。
部屋にはBS対応のテレビがあり、NHKのBSの2チャンネルが見れます。
またGPSの画面があり、いまどこを走っているのか分かる様になっていて、もうじき駅だとか、
このトンネルを出ると南部縦貫の休線が併走するとか(笑)分かり、結構使えました。

仕事柄土呂を過ぎてからのチェックポイント(笑)を見て(kaisatuさん見ましたよ!)
食堂車でシャワーカードを買うために3号車に行きました。
通路が狭く、すれ違う人が多く、11号車から行くのは遠かったです。
この後もパブタイムになったあとすぐ行くと満員、
その後食べにもう一度行ったので3回も往復してしまいました。
ラウンジのある12号車は隣なので近いですが、スイートのお客さんは10両も歩かなければならず、
ラウンジが空いていたのもなんか解る気がしました。

青森の手前で寝て、起きたら長万部を過ぎていました。
「北海道にいる気がしない」と境13氏が言っていましたが、その通りで、
起きてもうとうとしつつ、札幌に着きました。


  先頭は除雪車キ1    客車3両と石炭車セキ1000    2年前野放しの時の車内

レンタカーを借り、とりあえず決めていた糠平に向かう事にしました。
まず道央道に乗り、最近開業したと思われる道東道で夕張までいき、
三菱大夕張鉄道の旧大夕張駅にある保存車を見に行きました。
ここは去年雪で車両が横転したあと有志の方々によって復旧され、
青いビニールシートがかけられていました。
以前は荒れ放題で、中にも入ることが出来てしまいましたが、
(左は2年前の車内写真です。)
今後は保存に向けて整備されて行くのだと思います。
この保存会のHP

左写真はその先のシューパロ湖にかかる三弦橋です。世界的にも珍しい橋で、三角錐のトラスです。
ダムによる森林鉄道の付け替え橋で、廃線です。
この橋は下流に新たに出来るダムにより、平成16年頃には水没する運命にあります。
(水位が下がると出てくる幻の橋になるのでしょう)
真ん中の写真は三弦橋横の大夕張鉄道廃線後で、以前はサイクリングロードとして使われてましたが、
老朽化して危険なため、通行禁止になっています。
左は下部トラスの残る大夕張鉄道の鉄橋です。

左の写真は大夕張鉄道旧明石町駅の階段部分です。
右の駅舎を通りこの階段を上るとホームがありました。
駅舎の写真は2年前のもので、すでに取り壊されていました。

次のページへ
トップに戻る