熊本・鹿児島乗車旅行記  文・もけいや


まもなく発車「つばめ18号」西鹿児島にて クモロ787 7

3月のダイヤ改正と共に九州新幹線が開業し、九州の鉄道ネットワークが発展しました。
それと引替えに平行在来線の八代ー川内間が肥薩おれんじ鉄道に転換、
またアクセス改善により廃止・格上げになる列車があり、インド氏と乗車してきました。

2004年 2月22日
今回利用したプランはインド氏が探してきてくれたJTBの「サンキューチョイスプラン」。
飛行機往復+熊本1泊+JRフリー区間で32100円。
熊本ー西鹿児島間と肥薩線の人吉までを主に乗るのですが、
この目的に合うJRフリー区間を持つ旅行プランがなかなか無く、
区間外乗車で対応しようか?と考えていた矢先でした。

行きは羽田6時50分のJAS301便。家から始発電車で行く事も出来ますが、かなりタイト。
高速バスが時間通りなら余裕があるのでバスで行く事に。私は途中から乗車し、インド氏と合流。
早朝の首都高を順調に走り、1時間程で到着。6時前には到着してしまいました。
立ち食いのカレーを食べ、旅行会社のカウンターで航空券を貰い、1番搭乗口へ。
JALに統合され消えてしまう、JASレインボーカラー塗装のMD90でした。

熊本空港から連絡バスで熊本駅へ。駅でクーポンを「JR熊本・南九州フリーきっぷ」に引き替え。


熊本ー西鹿児島ー宮崎と肥薩線、吉都線、
指宿枕崎線指宿、宮崎空港線、日南線飫肥までが範囲。


まず急行「くまがわ3号」に乗るべく改札を通ると、車庫から入替をしつつ入線。
キハ58 1133+キハ65 56の2連でした。
急行「くまがわ」は3月改正で特急に格上げ・キハ185系での運転となります。
キハ65原型車の優等使用は「くまがわ」が最後なので、喫煙車でしたが乗車。
車内はリクライニングシートに改良されていました。
車内に残る案内板などから元「シーサイドライナー」と判明。
以前「くまがわ」乗った時は「アクアエクスプレス」のキハ58+28でしたので、
人吉までの「くまがわ」に500馬力エンジン搭載のキハ65は必ずしも必要で無いかも・・・

 
人吉駅にて 左キハ58 1133 右キハ65 56

10名程の閑散とした乗車率で発車。八代までは鹿児島本線を流すように走行。
暫くすると工事中の新幹線乗り換え駅となる新八代駅を減速しながら通過。
九州新幹線開業の案内放送がありました。八代から肥薩線へ。
さすがに少し速度は落ちますが、非電化亜幹線を優等として走るのが58系列本来の使命。
規格の下がる定尺レールの線路を精一杯、優等列車の看板を背負って走る事に魅力を感じます。
坂本駅で上り「くまがわ6号」と交換し、球磨川の流れを左に見つつ人吉に到着。
ここで、くまがわ鉄道に乗ろうか?とインド氏と考えましたが、
「くまがわ」を堪能しよう、と折り返し8号に乗車。禁煙のキハ58に乗車しました。
(行き空いていたのは喫煙車だったからのようで、混んでいるのに隣りのキハ65は数名)
こちらは贅沢?にもグリーン車の椅子(混んでいるのはこれも要因?)に換装されていました。
八代で下車し、再度5号〜10号と乗車しようとしましたが、
丁度入線してきた出水行き普通電車が復活急行色の475系3連。


出水駅にて クモハ475 5+モハ474 5+クハ455 16



クモハとモハには60Hz車を示す識別裾帯付き。急遽予定を変更して乗車してしまいました。
肥薩おれんじ鉄道に転換される区間(八代ー川内間)は
ほぼ特急「つばめ」だけの乗車予定でしたが、乗ってしまい結果的には良かったです。
車内は近郊化改造(シートは嬉しい「ずおう色」!)されていますが、
すでに直流型では事実上、JR車は全廃してしまった急行型電車、しかも帯付交直流急行色。
運用が分からず、もし乗れればいいなぁ〜としか思っていなかったので、乗れて良かったです。
開業間近の九州新幹線の高架と、海遠くの天草諸島を見つつ、
また変換後の旅客列車はDCに置き換わってしまう事を思いながら
出水まで往復し、八代から817系ワンマンで熊本に到着。

ホテルにチェックイン。ホテルクーポンの値段に驚き。



ニューオータニに2人で朝食付(時間の都合でとらず)で200円!多分券を出す為だと思いますが・・・
夕食(CoCo壱←朝もカレーだった!)で済ますと、駅前の電停に日本初の低床車の9700型が停車中。
インド氏と有無言わず乗車し、終点の健軍町で下車。


健軍町にて 低床車9700型

降りて後続車を見ると「チキンラーメン」の広告車の8200型。
確か日本初のVVVF車だった様な・・・と乗車するとローレル賞の銘板がありました。





  
上熊本にて 日本初のVVVF車8200型

聞き慣れたインバーター音に「ジジジ・・・」と変わった音がプラスして聞こえました。
今や当たり前のVVVF制御はこの車から始まったんだ・・・と感動。
上熊本まで乗車。記念に?インバータを撮影しました。
20時を過ぎ、上熊本からJRで帰っても良いのですが、上熊本と言えば熊本電鉄。
全国で最後の元東急5000型が走っています。
極めて模型的な駅があり、時刻表を見ると次は最終の北熊本行き(20時20分発)でした。
私もインド氏も5000型が好きで、
「戻って来れないけど、たいした距離じゃないだろうから帰りはタクシーででも」と乗る事に。
期待通りに5000型単行が平面顔を前に到着。


元東急5000型の熊本電鉄5000型 5102 上熊本にて
この後、ライトグリーンに塗り戻されました。


下車する人がいないためすぐに扉は開かず、折り返し整備ののちドアが開きました。
私たち以外乗客は無く、貸し切り状態。途中駅でもドアは開かず、10分程で北熊本に到着。
御代志行き元都営6000型の最終を見送り、5000型のパン降下を見とどけ、改札を出ました。
駅前のバス停から熊本バスターミナルで乗り継ぎつつ、ホテルへ戻りました。



2004年 2月23日
寝台特急「なは」に乗車するため、朝食をとらず7時にホテルをチェックアウト。
「なは」は新幹線開業後、熊本止まりになるので惜別乗車。
とりあえず「レガートシート」を確保しましたが、
寝台が空いていたので、熊本から立席でも乗れることもあり移動。
コンパートメントの様な状態で快適でした。西鹿児島到着後、機関車を撮影。


鹿児島駅にて ED76 66

予定では阿久根まで普通電車に乗り、「つばめ」で戻り、
熊本へ再度「つばめ」に乗るつもりでしたが、
伊集院行きの列車がキハ58+28(DMH17Hの未換装車)だったので乗ることに。
次ぎの上伊集院までは勾配が続き、フルノッチながら低速。
時刻表を見ると電車より3分余計に時間がかかっていました。
伊集院から折り返し一駅の薩摩松元まで戻り、すぐに予定していた出水行きに乗車。
伊集院駅を出た所ですれ違った下り電車に、
サロ改造のクハ455-600番代が連結されているのを確認。
これまた乗ろう、と串木野駅で降りて下り電車で数駅戻る事にしました。
ところが、駅前の記念碑などを見つつ待っていると、
後続の川内行きが1本のみの珍車717系900番代。急遽乗車。そのまま川内まで乗車しました。
登場当時、雑誌でこの車を見た時は「日本一のゲテモノ」と思い、是非乗りたい車でした。


川内にて 717系900番台 クモハ716-901

この車、元はクハ(600番代)付き3両編成の457系3連で、
クハの頭を切りモハへ移植(再利用)、2連化し、
なおかつ車体中央に両開き扉を増設した車で、両端は元々の片開き扉です。
クモハも集中式の冷房装置に換装され、車内も大幅に改造。「ここまでやるか」状態でした。
その後、113系3800番代などもっと酷いのが出て(笑)それほどではなくなりましたが・・・
川内に到着。後続は予想通り600番代のクハが連結されていました。


川内にて クハ455-604

すでに予定変更して乗車出来る時間は無く、撮影しただけで見送り。
唯一の心残りとなりました。川内からは「つばめ7号」で西鹿児島へ。
「つばめ」も新幹線開業で「リレーつばめ」となり、新八代発着となります。
せっかくなので個室グリーン席を確保しました。遅れていて20分延で発車。


「つばめ」の個室は手書き対応の様です。

折り返し「つばめ18号」で帰るため西鹿児島では33分しかなく、
遅延増大なら手前で降りる覚悟でしたが、どうにか25分延で西鹿児島に到着。
しかし駅前などを撮影する余裕が無くなってしまい、
「鹿児島中央」に変わってしまう駅名板を撮影した位で、あわただしく「つばめ18号」に乗車。
乗らないと飛行機に間に合わなくなってしまうので残念でした。
帰りもグリーン個室で熊本まで乗車。グリーン個室は居住性最高ですが、
海側と反対側にあるので、車窓からは海が見えず、少々残念でした。
熊本に定時到着。急いでバスに乗車し、空港へ。遅れもなく飛び羽田に到着。
帰りのバスが丁度いい時間でしたが、あいにく満席。
仕方なく食事をして時間を潰し、後続のバスで帰宅しました。

「いきあたりばったり」ながら、多様な車両に乗車出来、満足な旅行でした。

旅行記INDEX

INDEXに戻る