2003年4月10日製作

クモハ42惜別旅行記〜前編〜

2003年3月、3日ずつ2回、クモハ42絡みの旅行をしてきました。
1月末、インド氏とクモハ42が3月で定期運用終了の話しとなり、休みを調べると丁度3日ずつ合っていました。
最終日を含めた後の方に行こうか、それともそれを避けて前の方に行こうかと考えましたが、
インド氏が「両方行こう!」ということで決行しました。

3月7日
私は3連休なのですがインド氏が夜勤明けで、しかも飛行機までの時間がタイト!
ナント東京3分!、浜松町5分!で乗り換えないと搭乗締め切りに間に合わないすごさ。
なおかつ信号機故障があり少々遅れている始末。
なんとか予定通りに乗り換え羽田空港に着き手続き。搭乗締め切り3分前でした。
それでも弁当などを買い込み搭乗口を探すと一番奥で、バスで行く所へ。
遅いせいかリムジンバスでは無く、空港のマイクロバスで搭乗口へ。
すぐタラップを登るとまだ機内は荷物などを棚に仕舞う人で席に着くまで時間が掛かりましたが良かったです。
遅く来ると「あいつのせいで離陸が遅れたんだ・・・」みたいな感じになってしまうので・・・

インド氏がおさえてくれた席は通称「お見合い席」という非常口横にあるスチュワーデス(って今言わない?)さんの前の席で、
前の席が無いため足元が広くさすが!の席でした。
飛び立ちシートベルト着用サインが消え、弁当を食べ始めると真っ先にお茶とおしぼりを頂いたりし嬉しい席でした。

少し風があったのか着陸時ふらついていましたが無事山口宇部空港に到着。
駅前には宇部新川駅行きのバスなどもありましたがあえて空港近くの宇部線草江駅へ。
空港駐車場の向こう側に有り、7、8分で到着。しかし「空港連絡駅」などとはお世辞にも言えず、単なる無人の棒駅でした。

程なく3扉の105系2連に乗車し、宇部新川へ。そこから123系の単行で小野田線雀田へ。
2分乗り換えで小野田線の支線、通称「本山線」を走る目的のクモハ42に乗車。

座席定員ほどの車内はファンと惜別乗車の一般の方が半々でした。
過去2回ほど乗った事がありますが、以前はからがらでした。
空いていた通路側の席に座り発車。車体を大きく揺すりながら走る釣り掛けモーターの響きと
整然と並ぶクロスシートと狭窓から見える景色、木を多用した内装など今この車でしか体験出来ない物がありました。

途中駅の浜河内で撮影する人が乗降し、5分程で終点長門本山に到着。
駅の外側からクモハ42を撮影して雀田を一往復。長門本山からの終電は回送を兼ね宇部新川まで直通。

雀田から本線に入り、支線より幾分早い速度となり釣り掛け音もいい感じに。
ビデオから親指ほどのマイクだけ窓外に出して録音。釣り掛け音もさることながら自動プレーキのエアー音も良かったです。
宇部新川で引き上げを撮影しようとビデオを撮っていたら、引き上げ線でパンタグラフを下げ留置してしまいました。

その後ホテルへ。駅から近い「宇部国際ホテル」へ。周囲に飲食設備が無かったのでホテル内のレストランで食事。
食事をするとサラダが食べ放題で、カレーとピザを注文。その後コンビニで菓子を買い、就寝。

3月8日
クモハ42を送り込む為の長門本山行き直通に乗るためホテルを抜け出し?
早起きして乗車。車内はファンでほぼ定員一杯でした。

小野田線の本線部分での走行撮影は定期列車だとこの列車でしか出来ないせいか
沿線は撮影するファンの姿が多かったです。
支線を2往復して宇部新川に戻りホテルヘ。朝食を食べチェックアウトしました。

引退間近とのことで普段日中列車の無い本山線に臨時列車が運転されるとのことで再度本山線へ。
1往復して宇部新川に戻り、バスで山口宇部空港へ。日本地域航空のセスナ機をチャーターしてクモハ42の空撮をするためで、
臨時と定期列車を組み合わせ45分のフライトを予定。鉄道ファン誌に載っていたのと違い、完全なチャーター。
早めに着いたので空港内のレストランで食事をしながら待っているとインド氏の携帯に電話が。
「風が規定値ギリギリで難しいかもしれません」との事でした。「とりあえずギリギリまでみましょう」とのことで待ちました。
その後地域航空の事務所まで行き、「ダメ元で」との条件付きで国際線ターミナルの中を通り、車に乗って飛行機へ。
パイロットを含め4人乗りの小さなセスナ機で、後ろの座席に乗り込みました。

しかし直前になって風が強くなりフライト中止に。しかしお詫びで滑走路を走ってくれました。
パイロットの方や事務所の方が皆若く(とはいえ年上ですが)、すごくアットホーム方々で良くして頂き、
このまま帰るのはしのびなく、また益々飛んでみたいと強く感じたのでインド氏と相談。
次週また来るのでその時決行!との事で予約してあとにしました。

宇部新川に戻り本山線へ。昨日と同様最後の列車で宇部新川へ戻り、宇部線で小郡へ。
本来だと30分程乗り換え時間が有るはずなのですが、すぐに123系の単行が来て発車。
「遅れましてご迷惑を・・・」は何度か放送が有るのですが、原因が最後まで解りませんでした。
また途中の交換で時間がかかり、小郡到着は本来乗車予定列車の到着と変わりありませんでした。

小郡から久しぶりの山陽新幹線で広島へ。短くなってしまった100系新塗装の6連こだまで、車内はガラガラでした。
広島駅では普段見られない新幹線を撮影。最後には少なくなった0系も撮影できました。
駅の地下道を通り「ホテルニューヒロデン」へ。近くに食事する場所が無かったのでコンビニで買い込み、
撮影したビデオなどを見て寝ました。

3月9日
今年11月で廃線が決定した可部線に乗車。
以前乗車時は三段峡接続にギリギリに乗車した記憶がありますが、今回はあえて昼過ぎの列車にしました。
チェックアウトギリギリでホテルをでて、以前の時きた「銀座ライオン」で昼食。
12:27分発105系2連の可部行きに乗車し可部でキハ40単行の三段峡行きに乗車。
ボックス席は空いてないのでロングシートへ。だだ車内がかなり暑い。
しかも体質改善車なので下の窓が固定され、上の窓は全開する事しか出来ないのでなすすべなし。
考え、暑いので上の窓に紙切れを挟んですき間風を導入しました。
その後ボックスが空き移動。同じ様に紙を挟んでいたところ、反対側のボックスの子供連れの親子も真似してました。

女の子2人暑いらしく、ついにはトアの所に座り駅に着くたび「涼し〜い」と言ってました。
しかし途中の駅から雪が舞い出し、三段峡に着いた時には結構な降りになっていました。
また途中に保守軽減の為に設けられた短い20`制限が何度がありました。
線路の摩耗対策らしいですが、これにはイライラしました。

折り返しが少しあったので駅前を撮影して(保存機のC11に反対の横断幕)
折り返し、加計で乗り換え

キハ40広島色オリジナル車

可部からは広島色の103系に乗車。

途中すれ違った115系の初期車を張り上げ屋根に改造したクハなどに驚きつつ広島に戻りました。

広島に着くとまたスゴイ車を発見。
冷房装置に発生品のAU13を搭載したクハ115-652の体質改善車色
(しかも改善してない塗装だけのニセ車)
クハの650番台(モハ114を電装解除して先頭車化)のAU13搭載車だけでも珍車なのに、体質改善色にまで・・・
余り時間が無かったのですが新交通システムの「スカイレール」に乗るべく115系3000番代に乗り瀬野駅へ。
「セノハチ」の基地としての面影は機関車の引き揚げ線跡以外は無く、駅舎も新しい橋上駅舎になっていました。
駅前のみどり口駅に行くと駅前から急勾配で登る軌道が見えました。

「ロープウエイ」のウエイ部分を鉄軌道にしたような感じで、車両も大型のロープウエイの感じで定員は28名とありました。
10分ヘットで運転していますが、駅には人影が無く、乗った車両もインド氏と私のみの寂しい状態でした。
「ふわっ」という感じで発車。インド氏は「前面展望」を撮影。

眼下に新しい住宅地が広がっていますが土地だけでまだまだ造成中でした。
また途中に1つ駅があるのですが、ずっと勾配の住宅地なので使える人はあまりいないのでは?と感じました。
折り返しても途中ですれ違った車両(というより搬機)も無人で、この夕方の帰宅時間にこの状態では
どれ程の需要があるのか疑問に感じました。みどり口に帰ると掲示に「ロープの切りつめのため運休します」とあり、
代行はタクシーとあったので、その程度なのかもしれません・・・。

(クリックで大)
帰りは馴染みの115系300番代で広島に戻り、高速バスで広島空港へ。
1時間程掛かり遠かったです。羽田に到着後最近出来た高速バスで帰宅しました。

後半(13〜15日)へ

INDEXに戻る>

購入日記2003年>