2003年6月5日製作

惜別旅行記〜後編〜

2003年7日〜9日に続いて定期運用をはずれる14日を含む13〜15日にも行って来ました。

画像の内、ビデオからのキャプチャー画像があり、また画質を落としているので
見苦しく、暗いのが多い事をご了承ください。

〜3月13日〜

前回と同じ電車、飛行機で山口宇部空港へ。
今回もまた乗り継ぎ時間が無かったですが、要領を得ているので今回は余裕。
しかも羽田ではバスで無く、直接飛行機に搭乗出来たので早く山口宇部空港に到着できました。

空港到着後、そのままターミナルビルの隣にある日本地域航空の事務所へ。
8日に出来なかった空撮のリベンジを敢行。
前回は風に泣かされましたが今日は風も無くフライト可能との事でした。
手続きをして前回同様空港内の事務所を抜け、ワゴン車に乗って飛行機の近くまで移動。
前回空港内を「走って」くれた飛行機に乗り、今回は無事ランディング。

定期運用離脱間近ということで日中に臨時運転されている情報を入手。
まずは長門本山駅上空へ。駅上空で旋回していると程なく発車。

長門本山駅を発車

まずはインド氏がビデオを回し、私がスチルで撮影。
ずっと旋回しながら色々な角度でクモハ42を撮影。

浜河内〜雀田間

臨時は途中の浜河内駅を通過してしまい4分少々で雀田に到着。
丁度36枚撮り1本消化していました。帰りはビデオに持ち替えて撮影。

クモハ123が到着(過去画像掲載)

折り返し発車まで駅上空で旋回していると、本線に接続のクモハ123型が到着。
多くの方が乗り換えるとすぐ発車。
帰りは定期列車なので浜河内駅にも停車。夢中でクモハをモニターに納めました。

(浜河内停車)


長門本山到着


長門本山駅先は瀬戸内海、昔海底炭田があり本山線で輸送。

短いながらも非常に楽しい時間でした
長門本山駅上空で旋回した後宇部上空を飛んだ後山口宇部空港へ。
するとウチらのセスナ機だけの為に
わざわざランディングバーンにマーカーライトがフル点灯していました。

マーカーランプがセスナ機の為だけにフル点灯!

パイロットの方も「今日は豪勢です、こんな明るい時は点いてないのに」と驚く程。

無事着陸

綺麗だったので思わず撮影しました。

空港事務所で撮影したビデオなどを職員の方々と見て雑談をしたのちバスで宇部新川へ。
今回の宿はパックツアーで安いのに「全日空山口宇部ホテル」(インド氏の努力m(_ _)m)
ホテル前で降りようとしたのですが、丁度クモハ42が運用を終え留置される時間に近いのでそのまま駅へ。
駅近くの踏切に行くとすでに50人位が待っていました。

「パンタグラフを降ろす瞬間」暗くて解りにくいですが・・・。

暫くすると側線にクモハ42が到着。そのまま最後の留置となりました。

前回泊まったホテルに家の鍵を忘れていたので(^^;)取りに。
ついでにそのホテルのレストランで食事をして(^^;)ホテルへ。

〜3月14日〜

朝起きて前回同様ホテルを抜け出し宇部新川駅からの始発に乗車。
さすがに定期最終の宇部新川発とあってほぼ満員。
しかし奥に入って通路向かいながら座る事が出来ました。
また乗車整理も行われ、到着後一旦降りる処置がとられました。
そのため乗車時にはかならず乗車証明書がもらえました。

毎度貰えた乗車証明書。2枚はあげて計10枚
解りにくいですが左上緑が長門本山、右上青が雀田発行です。

朝の2往復を乗り雀田から105系に乗って宇部新川へ一旦戻り、
前回同様ホテルで朝食を食べ、チェックアウトまで休憩。
午後の列車から乗車再開。片道乗るたび現金で払うとお釣りに困っている事が多かったので、
宇部新川で回数券を購入して行きました。


回数券や現地で発売された乗車券など


郵便局の出張販売。台紙に消印付きで500円


長門本山での購入品他
「思い出列車」はチョコレートスポンジケーキで5個入り500円でした



台紙の消印部分。クモハ42型の特殊消印

午後の雀田からの乗車は長門本山付近に車を駐車して乗車する方が多く、
一旦降りて並び直す為、ドア付近に「群がる」感じで凄かったです。


長門本山行きの乗車を待つ人々

それでも乗車してしまうとそこそこの乗車率でいい感じでした。
日中1時間1本の増発の為、分散がはかられたのでしょうか。

輪が無くなっていた吊革

ふと見ると、前回来た時には確かにあった吊革の輪が無くなっているのに気づきました。
無理な力がかかって割れてしまったのでしょうか?

そうこうしているうちに、最終列車の事が気になりだしました。
17時半から長門本山駅で整理券を配る、とありましたが、
何処で配るのか明らかでありませんでした。
また1両で定員以上は配らない、とありました。
雀田に着き、長門本山へ向かう午後最初の定期列車の車内放送で
「すでに30人程並んでいます」と放送があり、
長門本山に到着後、並ぼうとしましたが、列が複数あって迷いました。

15時前から並んでいた「勝手に」並び始めた列

結局、勝手に並び始めた列を認めた形になり、割り切れない様な会話も聞こえました。

くす玉や紅白の幕、地元の太鼓の方々などが用意を整え始めました。

くす玉が付き、リハーサル中。


太鼓でクモハを迎える。

結局最後の2往復は乗らずに列に並んだ為、乗車整理券を入手。



通常の記念証の右下に最○+「原田」のシャチハタが付いている



最終列車の乗車口案内

また会場では最終列車は乗れないので整理券の無い人は1本前に乗るように盛んに放送していましたが、
さすがに減らず、下りの最終便でも多くのファンが降りてきました。

定期最終列車が到着、車内点検中

暫く乗るのに待たされ、ようやく「最終のクモハ42」に乗り込みました。
丁度くす玉の前のロングシート部分に席を確保でき、すぐセレモニーが始まり、撮影。

司会のミスJRひろしまと小野田元気大使


小野田元気大使による乗務員への花束贈呈

小野田市長の話が長く、近くの西日本の社員が携帯電話で
「発車が遅くなりそうなので雀田での接続を頼む」と連絡していました。
ようやく終わり、くす玉を割り、多くの地元の方やファンの中、5分遅れで発車。

くす玉を割ると同時に発車

特に回復運転するでもなく、淡々と定期最終列車は走行。
途中の浜河内では待っていた人は全員乗れました。
「やっぱのれた。本山から歩いてきて良かった」との声も。
釣り掛けの走行音と内装を偲びつつ雀田に到着。
停車時間のあと小野田線の本線へ。
途中駅での乗降はあまりありませんでした。
本山線より幾分速度が早く、また「最後」を堪能しつつ宇部新川に到着。

宇部新川に到着。即折りで回送に

すぐさま車検の後、回送になり所属の下関へ向けて発車して行きました。

この後ホテルに帰り、翌3月15日、
美祢線〜仙崎支線〜山陰本線〜山口線で時間調整〜益田〜石見空港〜羽田空港〜高速バス
の行程で帰宅しました。(帰路はまた・・・)

INDEXに戻る

旅行記前編へ